不動産問題TOP → 賃料減額請求に対抗

賃料減額請求

(質問)
賃借しているマンションが空き室が増え、他の空き室を私の部屋より安い家賃で入居募集してます。
自分も下げてもらう事は可能でしょうか?

(回答)
値下げ交渉は、当然可能です。しかし、他の空き室の新規賃料と同額にさせる法的根拠はありません。
あくまで交渉です。
どうしても値下げを追及するなら、賃料減額請求をして調停又は訴訟提起することが考えられます。
この場合、周辺賃料との比較や不動産鑑定書により、減額の適正性を立証する必要があります。

初回相談無料、ご相談はこちらから

上記以外の法律相談も受けています。初回相談は無料です。

ご相談はこちら