不動産問題TOP --> 弁護士への委任

弁護士への委任

弁護士に調停や訴訟の対応を委任し代理してもらうのは、大まかに言うと、以下の2つの理由によります。
 1.司法手続が煩雑で不慣れな場合には対応が大変である。
 2.法的観点から必要な主張や重要な証拠を漏らさず、逆に不要な主張・証拠を提出しない
   という効果が期待できる。
一方、弁護士に依頼することの不利益は、主に以下の3点です。
 1.費用が掛かる。
 2.適切に対処しない弁護士に当たる可能性がある。
 3.自分と性格的・感覚的に合わない弁護士に当たる可能性がある。
   (弁護士の対処が適切でも、感覚的に合わない場合は日常的にストレスとなることが
    あります)
1については、「弁護士費用」・「弁護士費用の基準」等の説明を参照ください。
2・3については、相談の時点で弁護士の対応・態度・回答から、自分で判断するしかありません。

初回相談は無料で行っています。相談はこちらから